伝統 サッカーの世界

伝統

世界にはビッグクラブと呼ばれる伝統あるサッカーチームが存在します。特にヨーロッパには多数のビッグクラブがあり世界的に人気があります。ビッグクラブと呼ばれるチームになるためには人気と実力、健全な財政基盤に加えて長い歴史と伝統を有することが求められます。もともとサッカーは中世のイングランドで行われていたフットボール祭りを起源としています。ヨーロッパはフットボールの長い歴史と伝統を有する地域です。

一般的な人々の生活に文化としてのサッカーが深く根付いています。そのような地域においてビッグクラブは、多くのファンから尊敬を集める存在です。世界的な大会や選手の移籍市場などにおいても強い影響力を有しています。

サッカー

ビッグクラブという概念には明確な定義はありません。概ね人気と実力、そして長い歴史のあるチームが敬意を込めてビッグクラブと呼ばれます。日本でプロのサッカーリーグが誕生したのは1993年ですが、国内にもビッグクラブと見なされるチームは存在します。新興チームでも実力と人気を備えればビッグクラブとなる可能性はあります。世界中の様々なチームで活躍する選手たちは所属するチームが人々から注目を集めるビッグクラブとなるよう努力しており、日々歴史は作られ続けています。

お勧めサイト:ヨーロッパはサッカーとブックメーカーがワンセット
https://www.europe-soccer-bm.com/

条件 サッカーの世界

条件

世界的なサッカーチームが多く存在するのは主にヨーロッパと南米です。実力と実績があり、財政基盤も強固で長い歴史と伝統を持つチームはファンや選手から尊敬されビッグクラブと呼ばれています。世界的なサッカーチームになるためには、実力と実績の他に歴史と伝統を持つ必要があります。しかしそれ以外にも重要な条件が存在します。ヨーロッパや南米など強豪チームが多数存在する地域は、サッカーの競技人口が非常に多いという特徴を有しています。

競技人口が多いということは、才能のある人材も多く集めやすいということです。日本ではサッカーよりも野球の方が競技人口が多く、メジャーリーグで活躍する選手もいます。アメリカではアメリカンフットボールやバスケットボール、野球などが人気なためあまりサッカーは盛んではありません。

各国で得意とするスポーツに違いが存在するのは、それぞれの国で好まれるスポーツと競技人口に違いがあることが原因です。日本にもフットボールのプロチームは存在しますが、ヨーロッパや南米のチームと比較すると実力に差が存在します。日本のプロチームが世界的なレベルになるためには、競技人口の増加という課題を解決する必要があります。

シュートモーション

存在感 サッカーの世界

存在感

世界の強いと言われるサッカーチームには、必ずといって存在感のある選手がいます。バルセロナにはメッシ、レアルマドリードにはロナウド、アトレティコマドリードにはグリーズマン、バイエルンミュンヘンにはレバンドフスキ、ドルトムントにはオーバメヤン、マンチェスター・ユナイテッドにはイブラヒモビッチ、チェルシーにはアザール、マンチェスター・シティにはアグエロ、アーセナルにはエジルがいます。

これらの選手に共通して言えることは、試合を決定付ける仕事ができるができるということです。サッカーは90分を通して試合をするスポーツで、極端なことを言うと89分何もしていなくても、1分でゴールを奪ったり、アシストをすればヒーローなのです。名前を挙げた選手達は抜群の決定力、アシスト能力を持っている代わりに、あまり守備をしません。

なぜ守備をしないのかというと、ストロングポイントが攻撃だからです。攻撃が得意な選手に、守備ばかりさせても効率が良いとは言えません。攻撃が得意な選手は持っている能力、持っている力を相手のゴール前で100%発揮して欲しいのです。守備は守備で、得意な選手がいます。その選手の守備の負担は大きくなりますが、チームとしての戦術ならば仕方ない部分もあります。