ヨーロッパ サッカーの世界

ヨーロッパ

世界各国のサッカーを比べた時に、圧倒的に強い国が集まっている地域が2つあります。それが南米とヨーロッパです。南米はブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、ヨーロッパはドイツ、イタリア、フランス、イングランド、スペイン、オランダ、等が挙げられます。それらの地域の強豪国はワールドカップで何度も優勝を果たしており、サッカー界の歴史に数々の偉業を残しています。

そのどちらもがサッカーの強い地域であることに変わりはないのですが、近代サッカーを牽引してきたのはヨーロッパの方に軍配があがるのではないでしょうか。クラブチームで、最も強く、最も魅力的なリーグと言われているのが4つあります。これらの4つ全て欧州に存在するリーグであり、まとめて「欧州4大リーグ」と呼ばれ、世界最高峰のリーグだと言えるでしょう。

スペインのリーガエスパニョーラ、イタリアのセリエA、イングランドのプレミアリーグ、ドイツのブンデスリーガの4つであり、スター選手が多く集まり、チームの人気も高く、クラブチームのサッカーがビジネスとして成立しています。これらと比較すると南米のリーグは、たくさんの優秀な選手がいることには違いないのですが、チームの経営難からスター選手を放出したりしています。それらのスター選手が行き着く先は、やはり欧州リーグなのです。