代表格 サッカーの世界

代表格

サッカーにおいては、世界の代表格とも言えるビッグクラブがあります。長い歴史や過去の成績、資金力などがサッカーのビッグクラブの所以になっています。ここでは、そんなビッグクラブの中から、日本でもお馴染みのチームをお話していきます。

まず、スペインリーグのレアルマドリードを挙げることができます。銀河系軍団の異名を持ち、UEFAチャンピオンズリーグでも何度も優勝しています。ヨーロッパが中心とはいえ、世界中からトップクラスの選手を集め、レギュラーが各国の代表で埋められています。次に、同じスペインリーグのFCバルセロナがあります。レアルマドリードのライバルのような存在で、スペインの歴史的経緯から、政治的な因縁関係が取り沙汰されることもあります。FCバルセロナも、各国の代表選手でレギュラーが埋められていますが、基本的には育成を重視しているビッグクラブでもあります。

最後に、イングランドリーグのマンチェスター・ユナイテッドになります。イングランドリーグが海外に開放されて以降、代表クラスの選手が当たり前のように加わっています。日本でも有名であり、とりわけ、香川選手が在籍したことで、広く知られているチームでしょう。UEFAチャンピオンズリーグでもお馴染みのチームであり、赤い悪魔の異名があります。

なお、レアルマドリードとFCバルセロナのジュニアチームでは、日本の少年がスカウトされたこともあります。また、イングランドでは、マンチェスター・ユナイテッドをマンUとは言わず、ユナイテッドと呼んでいます。